美と健康のガーデン通信 vol.9 2015.8.1

美と健康のガーデン通信 vol.09 夏時間

夏本番です。ご自身の夏休み。ご家族との夏休み。オンとオフが重なり合う季節です。
普段よりお出かけや人と会う機会も多くなります。日焼けが気になるのに肌も人に見られがち。 だからこそUV、肌対策に余念無く活動的に楽しみましょう。夏バテとも上手に付き合う賢さも必要。食事にサプリなど健康を保つための接種がいつも以上に大切です。

セブン美のガーデンは、爽やかなあなたの“きれいと健康”をサポートする地域一番の美と健康の専門店です。
お近くへお越しの際にはぜひお気軽にお立ち寄りください。
セブン美のガーデンでは、「Home Self Care」というコンセプトを掲げ、お客様が毎日ご自身で出来る美と健康のお手入れをお店でもウエッブサイトでもご提案して参ります。

美と健康のガーデン通信は、
●お客様代表によるライフスタイルコラム「美と健康のガーデンコラム」 
●料理家ブログで大人気料理家による「美と健康の時短レシピ」  

など女性のライフスタイル、食、健康を毎月セブン美のガーデンウエッブサイトでお届けいたします。セブン美のガーデンのお店同様ご贔屓いただけましたら幸いです。


今月は『夏時間』をテーマにお届けします。暑さに負けそうな季節ですが、元気よく過ごせるレシピや生活のヒントをお楽しみいただけましたら幸いです。
また、セブン美のガーデンお店のスタッフもホームセルフケアアドバイスのプロフェッショナルです。お近くのセブン美のガーデンへお気軽にお立ち寄り、お声がけください。ご来店を心よりお待ちしております。

九十九絵美の美と健康のガーデンコラム

パワーチャージ

パワーチャージ

やってきましたね、ジリジリと太陽を肌で感じ、セミの音が鳴り響く。これが日本の夏、夏が来たサインです!
夏、暑い!、太陽!、海!

我が家は、海のある実家に帰省します!そして、海に行きます! 少しずつ子供たちが成長して、今では、シュノーケルもできたりして、海で過ごすのもダイナミックに。 私は、子供たちを見守り、写真を撮ったり、思い出作りに必死ですよ! 海に着いたらまず、日焼け止めを!ケアしないで、うっかり日焼けした時は、ヒリヒリと痛くて、痛くて。 快適に過ごしたいので、 みんなで塗りあいっこしています!
今年は、こんな日焼け止めがあるよ〜と新作アイテムを持っていき、おじいちゃんもおばあちゃんもいとこも大家族、全員で、日焼け止めクリームを塗ります。 子供は、まだ上手く塗れないので、ママがしっかり塗ってあげましょう!腕、首、顔など。塗り方のポイントは、すり込まないで下さいね〜伸ばし過ぎないように、ムラなく塗ると効果が期待できます! 首の後ろの部分も塗り忘れのないように! 「ママが日焼け止めクリームを塗ってくれていたな、、」とこれもまた夏の思い出になりますね!日焼け止めクリームタイム、親子のコミュニケーションタイムになっています。

砂浜で、スイカ割りして、水着がスイカ色に染まっても、汚れても! まぁ良いでしょう! 夏だから、良いでしょう〜 「スイカ食べたら、また泳ぎに行っておいで〜!」 ここは海、少し穏やかになるから、不思議です。 海は、私にとって、癒しの場所で、毎年、エネルギーをもらいに。パワーチャージの場所です。
海の隣には、プールがあり、なんと、海とプールを行ったりきたりできるから、これは、たまらないでしょ? 流れる滑り台のテッペンからは、 海が一望でき、この高いところから流れ滑り、「バッシャーン!!」と、私も子供も一緒に遊べますよ!今ですよね?!

帰省のときのもうひとつの楽しみは、旬な野菜やお魚たちの料理をお母さんが拵えてくれます! 地元で採れたてのナス、焼きナスが最高で、リクエストしてますよ。 旬なものを食して、お母さんの味を学ぶ絶好のチャンスです。 嫁の私は、真似して作っています!
夏野菜は、火照った身体を冷やしてくれる作用があります、食事はとても大切ですね。
庭での流し素麺は、お父さんが竹を、お母さんが素麺を準備。 割り箸し、小鉢まで、お父さんの手作りです。 素麺以外にも流すのですが、 ミニトマトに、ブドウなどなど! 子供たちがケラケラっと大笑い!笑顔が見たくて、何を流そうか?と毎年アイディアが尽きません(笑) 庭で食べる素麺は、いつもより何倍にも美味しく感じますね!
お腹いっぱいになったら、 雑魚寝でお昼寝して、おやつにキャンディアイスを食べ、夕涼みしながら、田んぼ道を散歩したり。 夕焼けのトンボに、 夏祭りの音なんかも聞こえてくる。
毎年、毎年恒例ですが、私にはスペシャルな出来事となっています。
子供にも伝わってほしいと願います!

おじいちゃんもおばあちゃんもいとこも大家族で、賑やかに過ごし、美味しい旬な料理に、家族の笑顔がある。
一番の心の栄養なのかも知れませんね!
夏バテ防止対策は、海と家族と美味しい料理で、みんなで過ごす夏です。今年もパワーチャージが必要です♪

*九十九絵美さんもオススメのセブンプレミアムUVジェルの情報はこちらです。
九十九さんはじめママ代表の生の声です。

トータルファッションアドバイザー 九十九 絵美 Emi Tsukumo

横浜たまプラーザ・二子玉川・港北エリアのママ(女性)ための理想のリアルワードローブ・コーディネート術 / 九十九 絵美

{ PROFILE }

Real wardrobe 主宰 トータルファッションアドバイザー

九十九 絵美 Emi Tsukumo

専業主婦から一転、ファッションに関する仕事がしたく、ファッションビジネスを学ぶ。
ファッションを軸に、メイクアップアドバイザーの資格を習得。さらに、
Pajamama&.eジュエリーをプロデュースし、デニムに寄り添うジュエリーを企画、 製作し、オンラインショップの経営に携わる。ファッション、メイク、ジュエリーのトータルファッションアドバイザーとし、現在活動中。
ブログ『横浜たまプラーザ・二子玉川・港北エリアのママ(女性)ための理想のリアルワードローブ・コーディネート術』も好評公開中!

國行志保の美と健康の時短レシピ

夏バテなんて飛んでいけ

~夏の元気は足りていますか?~


夏真っ盛りの8月。毎日暑い日が続きますね。
海や山へのレジャーや旅行など、アクティブに夏を楽しむ機会が多くなる反面、食欲がない、だるさや疲れを感じるなど、いわゆる夏バテの症状が出てくる方も多いのでは?
食欲減退して体力をキープしておけないと、熱中症などにもかかりやすくなります。
じゃあ、スタミナの付くものを食べよう!・・・といっても、あまり食欲のない時に、ガッツリお肉なんて弱りかけた胃はうけつけない・・・。
今回は夏の定番・そうめんを、栄養満点のトッピングでおいしく楽しく、いつの間にかどんどん食べられちゃうレシピ「いろいろネバネバトッピングそうめん」をご紹介します。
~いろいろネバネバトッピングそうめん~

~いろいろネバネバトッピングそうめん~

{ 材料 }4人分分量

そうめん
4人分
豚しゃぶしゃぶ肉
200g
ナス
3本
きゅうり
2本
ミニトマト
10個程度
しらす
50g
めんつゆ
人数分
■トッピング①
 
納豆
1パック
砂糖
小さじ1
白だし
大さじ1
すし酢
大さじ1
ごま油
大さじ1
福神漬け(みじん切り)
大さじ2
■トッピング②
 
長芋(1cm角のさいの目切り)
300g
小さじ1
たらこ
1〜2腹
マヨネーズ
大さじ1
白だし
大さじ1
■薬味
 
青しそ・小ねぎ・みょうがなど
適量

{ 作り方 }

  1. ナスの皮を剥いて水にとってアクを抜き、一つ一つラップをして電子レンジ600wで
    3分半加熱してそのまま冷まし、冷蔵庫で冷やして適当な大きさに切る
  2. 鍋で湯を沸かし、酒大さじ2(分量外)を入れて、豚しゃぶ肉をさっと湯がいて
    ザルにとる(グラグラさせすぎない)
  3. キュウリを千切り、トマトを半分に、薬味を適当な大きさに切る
  4. トッピング①とトッピング②の食材と調味料をそれぞれまぜる
  5. そうめんを表示通り茹でて冷水でぬめりをとり器に盛りつけ、切った野菜と肉・
    ①②のトッピング・薬味・めんつゆを添えて、それぞれが好きなトッピングで
    アレンジしていただく

{ ポイント }

加熱のしすぎは豚肉を固くしますので、あまりグラグラさせない程度に沸騰させた酒入りのお湯で
さっと湯がく程度で大丈夫です。
豚肉に含まれるビタミンB1は疲労回復効果があります。
納豆・長芋などのネバネバ食材は粘膜を守ってくれるムチンを豊富に含むので、疲れた胃にピッタリ♪
しらすでカルシウムやお野菜でミネラルカリウムもバランスよく摂取しましょう。
食欲増進のために薬味も添えて。

食欲の落ちた時でもつるつると食べやすい麺に、アレをのせてみようかな、コレを組み合わせてみようかななんて楽しんでアレンジをしているうちに、 いろいろな味が試したくなって、いつの間にか食欲がなかったことなど忘れてしまうはずです(^-^)
2種類のトッピングも、切って混ぜるだけなので時短でか~んたん♪

ササッと作れちゃうつるネバそうめんをつるつるっといただけば、ラクに楽しくエネルギーチャージ。
夏バテ知らずの元気な体で残りの夏休みをう~んとエンジョイしてくださいね(^-^)

野菜料理研究家 國行 志保 Shiho Kuniyuki

おいしく食べちょる? / 國行 志保

{ PROFILE }

野菜料理研究家

國行 志保 Shiho Kuniyuki

友人たちと集うことが大好きなご主人で来客をもてなすことが多く、もともと好きな料理を独学・研究。

ご主人の駐在先のアメリカで、ランチに招待していた友人に頼まれて始めたクッキングクラスが人気をよび、クチコミで広がって総勢140名近くの生徒が通う人気クラスに。帰国して武蔵小杉でShiho’s Veggie Circleを再開して現在活動中。「特別な調理器具や食材を使わずに作れるおもてなし兼おうちごはん」をコンセプトにしたレシピは「レッスンから帰ったらすぐに作れる」と好評。メニューのコンセプトは生徒とその家族と周りの人を笑顔にする野菜いっぱいのヘルシー料理。Webサイトへのレシピ掲載や企業へのレシピ提供、外部でのデモンストレーションなど、幅広く活動中。

ブログ「おいしく食べちょる?」は料理教室ブログランキングで上位。